横浜市の場合 東京ガスの場合 北海道ガスの場合

ご利用サービス

WEB会員サービス モバイルサービス 住民向け公開サービス

活用事例

【 2009年 8月 11日 5時7分 最大震度6弱

利用者の声

横浜市 様

横浜市様の場合

<<横浜市様の取り組み>>

横浜市は、災害に強い都市づくりと安心できる市民生活の実現に向けて、地震災害をはじめ、風水害、都市災害などの災害対策の推進に努めています。(参考URL:横浜市危機管理室

<<活用状況、導入の効果>>

横浜市は「リアルタイム地震防災システム」を運用し、災害時には情報の収集を行い、効率的で的確な初期活動方針の決定等に活用しています。
jishin.netの地震情報は、非常に有効な“参考情報”として活用し、地震時の情報収集に万全を期すように努めています。
幸い、ここ最近大きな地震は発生していませんが、万が一に備えて、迅速で的確な情報収集が出来る体制を整えています。また、毎年9 月1 日の総合防災訓練の際に、jishin.netも利用した訓練を行っています。

【WEB会員サービス】
「jishin.netの良さは、高密度に設置された地震計から収集された詳細な地震情報を、地震発生後、数分で見ることが出来る点にあります。大規模な地震が発生した際、正確な情報を迅速に収集し、的確な初期活動を行うことが、被害の軽減と安心・安全につながります。」

【モバイルサービス】
「主に横浜市の防災職員に対し、地震発生の旨をメールで連絡し、いつどこにいても東京ガスの地震情報を見ることが出来る体制を整えています。」

【住民向け公開サービス】
「東京ガスが横浜市内に設置したおよそ660点の地震センサによる詳細な震度情報を、住民の皆さまに提供しています。地震が発生した場合に、情報収集の一手段として利用してもらい、地域防災にご活用いただいています。」

<<今後の展望>>

「液状化推定や建物被害推定といった情報を、行政区毎に表示出来るようにしたいと考えています。より詳細な単位で地震情報を閲覧することで、より細かく初期活動方針を策定出来るものと考えています。」

サービス一覧 >> WEB会員サービス モバイルサービス 住民向け公開サービス